スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう。

11月19日 土曜日の夜
20111120-4.jpg
みゃーご   とうとう力尽きて  亡くなりました。。。

なんだかまだ信じられないよ・・
今にもふっと傍にやって来るような気がして。

心に穴があいたようで・・



みゃーちゃんには
いっぱいいっぱい癒されて笑顔になれたよ。
辛い時も元気をもらって 優しい気持ちになれたよ。

ありがとう みゃーごっち。
これからは空から 私達のこと見ていてね。

悲しい報告をすることになってしまいましたが
今までみゃーごのこと見てきてくれた皆さん ありがとうございました。
みゃーちゃんは ほんとうに いい子でした。


セールスマンにもすりすりする警戒心のないみゃーごっちは
おっとりやさしい大人しい子でした。
たぶんあんなニャンコはいないんじゃないかと思うほど。
最期まで大人しい子だったなぁ ほんとうに。

16歳の高齢でだんだん痩せてきて力も弱くなってきていたけど
毛艶はよく いつでも食べてる人の横に来ておねだりしてた。
家族で話して病院には行かず自然に任せることにして日々を過ごしました。


11月15日  
20111115-4.jpg
かなり痩せちゃってこの頃から2階に来なくなりました。
そぉっと抱っこしないと壊れてしまいそうなほどに。
あんなに嫌いだった爪切りも何の抵抗もせずさせてくれてしまった。
ベッドに入るのもやっとと言うくらい かなりゆっくり動作になっていました。
でも ふと見ると ふみふみしていました。
幼い頃早くに親と別れた子がよくする動作だとか聞いたこともあるけど?
赤ちゃんの時お母さんからおっぱいを貰うのに、おっぱいを揉み揉みしながら
ゴロゴロ言いつつ飲むののをいつまで経ってもやっているとか。
人間で言う93歳のみゃーごっち。
死ぬ間際にも 横たわったまま時折両足を前後にしていたのは
ふみふみじゃないだろうか。お母さんを思い出していたのかも知れないね。



少し前 10月10日 
20111010-4.jpg
小さくなったみゃーちゃんに小じんまりしたベッドを買った。かるくすっぽり。

最後のみゃーごは もっともっともっと薄っぺらになっちゃって
ごはんを食べる時に足が踏ん張れなくなり 床がすべるのでマットを敷きました。
一日前から急激に弱々しさが増して。。歩くのを見るのが痛々しいほどに。
一気に動きが悪くなってしまい。。ベッドをごはんの横にしました。
もう ダメかも知れない。
最期の日。大きい方のベッドにみゃーちゃんを寝かせて様子を見ました。
頭と手は時々少し動かすものの 寝かされたままの格好を変えない。
もうベッドから出ようともしないので 針のない注射器で口に水を入れてやった。
でも・・ごくんとしない。。
目が閉じなくなった。
時々手が動いてほっとするものの 黒目が大きく開いたままのみゃーちゃん。
お腹のあたりが動くことで呼吸を確認する。

この日はちょうど2号夫婦と子どもも来ていて
皆でみゃーちゃんを見守ることができました。2号達が帰り、
前日から心配でたまらなかった1号が帰宅。
みゃーちゃんに話しかける。お腹は上下している。
ふみふみの動作をした。

しばらくして見ると   お腹のあたりも動かなくなっていました。

みゃーちゃん。。。。。

その夜1号の帰りを待っていたかのように息を引き取ったみゃーごでした。





20111121-8.jpg

20111121-6.jpg

20111121-7.jpg

20111121-10.jpg

20111121-2.jpg

20111121-1.jpg

20111121-4.jpg

20111121-5.jpg

ほんとうに可愛かったみゃーちゃん ほんとうにありがとう。
雲の上でゆっくりおやすみ。。 そして起きたらこっちを見ててね。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ずっと
ねこちゃんを迎えたいなと思いつつ機会に恵まれなかった私にとって
あんみつ姫のところでみゃーちゃんに会うのが楽しみでした。

かれこれ10年くらいになるんだね。

先日親友のおうちのわんこにも同じようなことがあり
留守のおうちに帰って来た時に 部屋の中が妙に冷たいって言ってました。

えらそうなことは何も言えないけど
そんな冷たさが早く癒えますように。
みゃーちゃんのご冥福をお祈りいします。
遠く離れて私からもありがとう。
Posted at 2011.11.24 (09:59) by pot@mom (URL) | [編集]
つらかったですね。
ネコは最後の姿を見せたくないから
いつの間にか姿を消してしまう。と
誰からか聞いたことがあります。

1号くんの帰りを待っていたなんて…
ホントにみんなから愛されていて
そして感謝したかったんだろうね。

別れは辛いですね。
戻ってきてくれないけど
きっと天国で見守ってくれてますよ。

うまく伝えられないですが
あんみつ姫の心が早く癒されますように。

そしてみゃーごっちのような
かわいい猫とまた出会いがありますように。

ゆっくりと元気になってくださいね。
Posted at 2011.11.24 (13:46) by chibi-pooh (URL) | [編集]
>ぽっつん
ぽっつん ありがとう。
みゃーごっちのこと 楽しみに見てくれてたこととても嬉しいです。

そう 妙に冷たくて。。
心に穴が開いた・・って言うまさにその表現通りな感じでね。

2階の部屋のドアもみゃーちゃんがいつ来てもいいように
カチッと閉めないでいたのを 今でもそうしてしまいます。

みゃーちゃんも遠いところから皆に可愛がってもらえて
幸せだったわぁ。。。
Posted at 2011.11.24 (23:25) by あんみつ (URL) | [編集]
>ちびぷ~さん
ネコは最後の姿を見せないってよく聞きますね。
みゃーごっちはどこかに行かず 大人しく最期を迎えました。

1号が4年生の時に連れてきたみゃーごっちだったから
きっと最期に1号に会いたかったのかなぁって思って。

命あるものはいつかこうしてお別れの時が来る・・
ってわかっていたけれど、しみじみ感じました。

ちびぷ~さん ありがとうね。
Posted at 2011.11.24 (23:34) by あんみつ (URL) | [編集]
かわいい姿をありがとう
みゃーごっち
とうとう虹の橋を渡っちゃったんだね。

わたしもいつか猫と暮らしたいと思っている一人です。
もともと犬より猫派。
あんみつんの撮る愛情あふれたみゃーごっちの姿にはいつも癒されていました。

ココ3年くらいは会社に来るノラ猫ちゃんたちを見ながら、あんみつんがいつも書いていた猫ちゃんの行動をさらに身近に感じてたんだ。

猫ってどうしてあんなにかわいくてフシギな生き物なんだろう?
そして1猫ずつすごく個性的なんだよね。


みゃーごっち、早く毛皮を着替えて帰ってきてくれるといいね。

Posted at 2011.11.26 (01:15) by mari (URL) | [編集]
みゃご様、今までありがとねぇ。
でもすごいなぁ、大往生だねぇ。
うちも最後の日まで、こうして普通に
暮らしてほしいな
悲しいけど、苦しんだり痛かったりしてなさそうで
とにかく良かったよ!
みゃご様いつまでも、愛してるわよ!
Posted at 2011.11.26 (02:07) by ひー (URL) | [編集]
>まりぴ
ありがとう。まりぴもずーっと前から見ててくれたもんね。
私実は猫飼ったの初めてで、
最初は喉をゴロゴロ鳴らすことも知らなかったほど。
にゃんこは気まぐれだけど本当にかわいい生き物。

毛皮を着替えて、、ぷぷ
着替えてるとこ想像して笑っちゃったじゃないかー。
いつかほんとうに着替えてやって来るかも知れない^^
Posted at 2011.11.26 (22:40) by あんみつ (URL) | [編集]
>ひーたん
ひーたん ありがとう。
はるか北からのひーたんの愛をひしひしと感じて
みゃーごっちも幸せだったわー。
そうだね、痛がることもなかったのはほんとよかった。

フェルトのみゃーごっち
思い出の宝物になりました。
これからも元気なネコヨン楽しみに覗きに行くからよろしくね。
Posted at 2011.11.26 (22:53) by あんみつ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
最近の記事
プロフィール

あんみつ

Author:あんみつ
あんみつのページ
ぼちぼち読書
ごろにゃんたいむ
チョコっと手帳

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。